学生の就職活動ではかなりのお金が掛かります

学生の就職活動で一番お金がかかるのが、交通費です。100社以上の企業の面接を受ける人もいますし、全社が近所なんていう事はまずないので、公共交通機関を使用して、面接会場に向かう事となります。

 

地下鉄一本で行ける場所がほとんどだとしても、最低でも往復で400円程度はかかるわけですから、4万円以上はかかってしまいます。もちろん、最初に受けた会社に内定が決まり、そのまま入社という流れであれば、400円で済むので、お金がかかるとは言い切れませんが。

 

ただ、場合によっては、県外などに職を求める人もいますので、その場合は一回で数千円から1万円単位のお金がかかるわけです。就活中はいつ面接が入るかわからないので、定期的なバイトに入るわけにもいかず、資金繰りが非常に大変なのです。

 

履歴書や職務経歴書に関しても、タダではないわけですから、多少のお金がかかります。文房具店などで購入して記述する場合は、100社受けるとしたら数千円かかりますし、パソコンで打ち出す場合は、インク代がかかります。これも数千円かかります。

 

そして意外と痛いのが、履歴書に貼るための証明写真で、4枚程度で600円から800円程度の金額がします。600円だとしても、100社受ければ15,000円飛んでいってしまうわけです。交通費の次に多い出費かも知れません。

 

それら全部合わせると、万単位のお金が飛んでいくのです。学生の就職活動は、長引けば長引くほど、お金がかかるといえるでしょう。学生にとってこの金額は決して安いものではないですが、就職が決まればたいした支出ではないと思いますので初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)で1ヶ月の返済猶予ができるプロミスで当面の資金を調達しておくのも一つの手段です。

就活の際の小額資金の調達はプロミスがベスト

プロミス
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円